30RGj80m8g1GnQY2ArwMB6vxVZEjNXqQ2M3y7DJk

​会則・役員

中央大学学員会京葉白門会支部 規約・役員



第1条(名 称) 本会は、中央大学京葉白門会と称する。

第2条(構 成) 本会は、京葉地域に居住又は、勤務等関係を有する中央大学学員を以て構成する。

第3条(事務局) 本会の事務局は、別に定めるところに置く。

第4条(目 的)

本会は、会員相互の親睦と協力を図り、母校中央大学の興隆と京葉地域の発展に寄与することを目的 とする。

第5条(事 業) 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

1.会員名簿の作成、発行。

2.会員相互の親睦のための懇親会、講演会等の開催。

3.前条の目的を達成するために必要と認める事業。

第6条(総 会)

1.総会は、この会の最高決議機関である。

2.定時総会は、原則として会長が毎年1回、招集する。

3.臨時総会は、常任理事会が必要と認めたとき、及び全会員の3分の1以上の要求があったとき会 長はすみやかに招集する。

4.総会は、会長がこれを招集しその議長となる。

5.総会の議決は、別段の定めるものを除き、出席会員の2分の1以上を以て決定する。但し、規約 の改廃は、出席会員の3分の2以上の同意を要するものとする。

第7条(総会審議事項) 総会は、次の事項を審議しなければならない。

1.本会規約の改廃。

2.事業の計画及び報告。

3.予算、決算その他の会計報告。 4.常任理事会が特に必要と認めた事項。

5.その他の重要事項。

第8条(常任理事会)

常任理事会は、本会の執行機関として会長、副会長、幹事長、副幹事長、事務局長、常任幹事及び、 会計監査を以て構成する。

第9条(幹事会)

1.幹事会は、会長が必要と認めたとき招集する。

2.幹事会は、第5条の業務を審議する。

3.幹事会の議長は、会長ないし会長の指名する者とする。

4.幹事会の決議は、出席会員の過半数の賛成によって決する。

第10条(役 員) 本会は次の役員を置く。

1.会長 1名

2.副会長 若干名

3.幹事長 1名

4.副幹事長 若干名

5.事務局長 1名

6.常任幹事 若干名

7.会計監査 2名

8.幹事 若干名

9.顧問及び相談役 若干名

10.事務局員 若干名

第11条(役員の選出)

1.会長、副会長、幹事長、副幹事長、事務局長及び幹事は、総会に於て、その都度認められた方 法により選出する。

2.常任幹事及び会計監査は、幹事の中より会長が任命する。

3.顧問及び相談役は、常任理事会の推薦により会長が委嘱する。

第12条(役員の任務)

1.会長は、本会を代表し会務を統轄する。

2.副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。

3.幹事長は、会及び幹事会の議長を務め、責任を以て運営にあたる。

4.副幹事長は、幹事長を補佐し、幹事長に事故あるときは、その職務を代行する。

5.事務局長は、事務局を統轄し、本会の会務を処理遂行する。

6.常任幹事は、本会の運営と執行にあたる。

7.幹事は、本会の発展のため会員の消息、勧誘及び会員の慶弔等を事務的に洩れなく報告する。

8.会計監査は、本会の資産及び会計を監査する。

9.顧問及び相談役は、本会発展のために適切な助言を与える。

第13条(役員の任期) 本会役員の任期は、2年とし再任は妨げない。

第14条(会 計)

1.本会の会計は、会員の会費並びに寄附金を以て充当する。

2.本会の会費は、年額3,000円を徴収する。但し、必要に応じ臨時会費を常任理事会の承認 を得て、徴収することができる。

3.会費は、定期総会の時徴収する。但し、やむを得ざる時は、事務局へ郵送又は持参することと する。

4.本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日を以て終了する。

第15条(慶 弔) 会員の慶弔及び疾病、災害については、その都度、常任理事会に於て決定した相当額を支出する。

第16条(附 則) この規約は、昭和56年1月18日制定し実施する。 この規約は、平成27年7月19日制定し実施する。

役 員

顧   問      関 正    1960年卒
会   長      並木 日呂忠    1967年卒
副会長      野々下 純生    1962年卒
副会長      鈴木 康二    1967年卒
副会長      永岡 公    1966年卒
幹事長      仁平 俊夫    1970年卒
事務局長  坂間 明彦    1985年卒
常任理事  中畑 稔    1969年卒
常任理事  矢野 嘉朗    1969年卒
常任理事  山守 勝美    1979年卒
常任理事  白水 幹久    1983年卒
会計監査  阿部 義文    1976年卒